• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 清廉な気持ちで投じる一票。

  1. (比喩的に)公職選挙で、有権者が買収の誘惑や地域の有力者・組織の圧力などに屈せず、自身の判断で選んだ候補者に票を投じることをいう。