• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神の心をしずめること。また、そのための神楽 (かぐら) など。

「何と神を―の御酒は無きか」〈鷺流狂・鉢叩〉