1. 爪と指との間にたまっているあか。

  1. 物事の少ないことのたとえに用いる語。ごくわずか。「爪の垢ほどの思いやりもない」