• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

牛のよしあしを見分けたり、牛の売買を業としたりする人。

「我ら親類あまた御ざあるが、何 (いづれ) も色々の商売を仕るに、某 (それがし) ばかり―を致すと申して」〈虎明狂・牛博労〉