• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「じもの」は接尾語》

  1. 犬のようなもの。転じて、取るに足りないもの。

    1. 「昇如き―の為に恥辱を取ッた」〈二葉亭浮雲

  1. (副詞的に用いて)犬のように。

    1. 「―道に臥してや命過ぎなむ」〈・八八六〉