• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「いぬのこ」の音変化》子供が夢をみておびえているときなどに唱えた、まじないの言葉。

「泣くな泣くな。夢でも見たか。―、―」〈伎・小袖曽我