《値うちのないものが完全な形で保存される意から》大したこともせずに生き長らえること。⇔玉砕

「若 (も) し採用されなかったら丈夫玉砕―を恥ず」〈漱石・自転車日記〉

出典:青空文庫