• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 同一の書でありながら、字句に多少違うところのある書物。異本。「異書の校合 (きょうごう) 」

  1. めずらしい書。珍本。

  1. 儒書に対して、道家の書。仙術などに関する不可思議なことを記した秘本。