• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル)
  1. とがめるはずのことを、わざと見逃すこと。大目に見ること。「不正を目溢しするわけにはいかない」「お目溢しを願い出る」

  1. 目溢 (こぼ) れ」に同じ。