• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「めちか」とも》

  1. 目に近いこと。

    1. 「こんな大きい―の星を、…見たことがない」〈康成・掌の小説〉

  1. 要 (かなめ) を骨の末端近くに打った扇。目近の扇。