• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

煮たり焼いたりした直後の、手でさわれない熱さ。

[補説](多く「粗熱を取る」の形で用いる)素材を加熱調理した直後の熱い鍋やフライパンなどを、濡れ布巾の上に置く、氷水につける、そのまま放置するなどして、次の調理がしやすくなるよう、大ざっぱに素材を冷ます。