江戸中期の俳諧集。山本荷兮 (やまもとかけい) 編。3冊。元禄2年(1689)刊。芭蕉をはじめとする発句735句と、歌仙10巻を収める。芭蕉晩年の特徴である「軽み」の兆しがみられる。俳諧七部集の一。曠野集。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

出典:青空文庫