• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山本荷兮の解説 - 小学館 大辞泉

[1648~1716]江戸前・中期の俳人・医師。名古屋の人。名は周知。芭蕉門下で、俳諧七部集のうち「冬の日」「春の日」「曠野 (あらの) 」を編む。のち蕉風を離れ、晩年は連歌に転じた。