• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[連語]

  1. (助詞「も」に付いて)あろうはずはない。まったくない。「遠慮会釈も―、ずかずかと部屋に上がりこんできた」

  1. もし…であるなら…であろうが、実際はそうではないから、の意を表す。

    1. 「天地 (あめつち) の神なきものに―我 (あ) が思ふ妹に逢はず死にせめ」〈・三七四〇〉

[補説]1は、次に反対の内容を表す文がくる。「ない」よりも強い否定を表す。