• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

後白河法皇の頃の人。どんな名画にも必ず非を見つけて悪口を言ったと「古今著聞集」に伝えられる。後に、人の描いた絵に難癖をつける人を指して言うようになった。