• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 薄緑色にみえる山のようす。また、遠方に青くかすむ山。

    1. 「目睫の間に迫る雨後の山の―を眺めていた」〈秋声縮図

  1. 山の中腹。八合目あたりのところ。

    1. 「麓に細き流れを渡りて、―に登る事三曲二百歩にして」〈幻住庵記