• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸中期の俳文。松尾芭蕉作。元禄3年(1690)4月から7月まで、幻住庵に滞在したときの生活や感想を記したもの。同4年刊「猿蓑 (さるみの) 」に所収。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉