• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Sint Romboutskathedraal》ベルギー北部の都市メッヘレンにある大聖堂。市街中心部のマルクト広場に面する。13世紀頃から建設がはじまり、16世紀に完成。高さ97メートルの鐘楼にはヨーロッパ最大級のカリヨンがある。同地にキリスト教を布教した聖ロンバウツの事績を描いたステンドグラスや、ファン=ダイクによる祭壇画がある。1999年、市庁舎の鐘楼とともに、「ベルギーとフランスの鐘楼群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[宗教・思想/キリスト教・ユダヤ教]カテゴリの言葉