[動カ五(四)]《「うすつく」とも》
  1. 穀物などを臼に入れて、杵 (きね) でつく。「麦を―・く」

  1. 《日が沈む意もある「舂 (しょう) 」を訓読みにした語》夕日がまさに没しようとする。

    1. 「西に―・きだすと日あしはどんどん歩みを早める」〈有島生れ出づる悩み

出典:青空文庫