善悪・正邪を判断し、正しく行動しようとする心の働き。「良心がとがめる」「良心の呵責 (かしゃく) 」