• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. はなやかな衣服。また、その袂。

    1. 「いつしかもかへつる―かな時にうつるはならひなれども」〈長秋詠藻・中〉

  1. 花を袂に見立てていう語。

    1. 「かりにのみ人の見ゆれば女郎花 (をみなへし) ―ぞ露けかりける」〈拾遺・秋〉