• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 木の間を漏れる月光が着衣の上に葉影を落として、落ち葉を散らしたように見えるもの。一説に、落ち葉を集めてつづった仙人の着物。

    1. 「秋の夜の月の影こそ木のまより―と身にうつりけれ」〈後撰・秋中〉

  1. 落ち葉の散りかかった着物。

    1. 「―の袖 (そで) 添へて」〈謡・高砂