• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安中期の勅撰和歌集八代集の第二。20巻。天暦5年(951)、村上天皇の命により、大中臣能宣 (おおなかとみのよしのぶ) 清原元輔 (きよはらのもとすけ) 源順 (みなもとのしたごう) 紀時文坂上望城 (さかのうえのもちき) の梨壺 (なしつぼ) の五人が撰し、同10年前後に成立か。紀貫之伊勢らの歌1420余首を、四季・恋・雑など10部に分類して収録。歌物語的な傾向がみられる。後撰集。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉