• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ヨメナの古名。

「妻もあらば摘みて食 (た) げまし沙弥 (さみ) の山野の上の―過ぎにけらずや」〈・二二一〉