• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《周の太公望が斉 (せい) に封ぜられたとき、離縁して去った妻が復縁を求めて来たが、盆の水をこぼし、この水をもとにもどせたら求めに応じようと言って復縁を拒絶したという「拾遺記」中の故事から。前漢の朱買臣の話として同様の故事が見られる》

  1. 一度別れた夫婦の仲はもとどおりにならないことのたとえ。

  1. 一度したことは、もはや取り返しがつかないことのたとえ。