• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

まちがいないと保証・証明すること。また、そのしるし。あかし。

「かく紙幣と正金の間に生ずる処の差は紙幣下落の―にして」〈神田孝平明六雑誌二六〉