[名・形動](スル)
  1. 必要な程度をこえて、物事に金銭や物などを使うこと。金銭や物などを惜しまないこと。また、そのさま。「―を尽くす」「―な暮らし」「布地を―に使った服」「たまには―したい」

  1. 限度や、ふさわしい程度をこえること。また、そのさま。「―を言えばきりがない」「―な望み」

[派生]ぜいたくさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース