《古くは「しんじん」とも》「心身 (しんしん) 」に同じ。

「―を粉に砕いて」〈菊池寛恩讐の彼方に

出典:青空文庫