• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名・形動]
  1. ある領域の趣味・道楽について精通していること。特に花柳界の内情に詳しいこと。また、その人や、そのさま。「芝居の通だ」「相撲通」

  1. 人情に通じ、人柄がさばけていること。特に、男女間の機微に深い思いやりのあること。また、その人や、そのさま。「通な計らい」「通をきかす」

  1. 通力 (つうりき) 。神通力 (じんずうりき) 。

    1. 「久米の仙人の、物あらふ女の脛 (はぎ) の白きを見て、―を失ひけんは」〈徒然・八〉

[接尾]助数詞。手紙・証文・届け書などを数えるのに用いる。「二通の手紙」