• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

自然数aで、a以外の約数(1を含む)の和がaより大きいとき、aを過剰数という。例えば、12の約数は、「1」「2」「3」「4」「6」の五つで、その合計が1+2+3+4+6=16 となって12より大きいことから、12は過剰数となる。→完全数不足数友愛数