• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

雨上がりなどに通常見られる(主虹)の内側、および副虹の外側にある虹。前者の方が後者よりも見やすく、ときに同心円状の縞模様を成しているのが見られる。干渉虹。