• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 武士がすれ違うときに、双方の刀のが触れ合うのを、無礼だとしてとがめること。鐺当て。鞘当て。

  1. ちょっとしたつまらないことでとがめだてすること。

    1. 「見しりごしなる悪口、あるいは―、又は男だて」〈浮・一代男・五〉