• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「なんがん」とも》苦しい目にあうこと。また、苦しい思いをすること。苦しみ。艱難。

「始めは知らずと言ひけれども、―のあまりにありのままに申しける」〈平治・上〉