• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

東京都新宿区から山梨県甲府市へ至る街道。江戸時代は新宿追分 (おいわけ) を起点として甲州街道と分かれ、青梅・大菩薩峠 (だいぼさつとうげ) ・塩山 (えんざん) を経て、甲府の酒折 (さかおり) で再び甲州街道に合流した。現在の起点は新宿駅西口付近。甲州裏街道。

[地理/日本地名/関東]カテゴリの言葉