• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

功徳のしるしが現れること。

「法華の―の新たなることかくの如し」〈今昔・四・四〇〉