• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「くだかけ」とも》ニワトリの古名。くたかけどり。

「―はいづれの里をうかれきてまだ夜深きに八声鳴くらん」〈夫木・二七〉