出典:デジタル大辞泉(小学館)

1選挙区から1名の議員を選出する制度の選挙区。死票が多くなり、多数党に有利になるとされる。日本では、公職選挙法制定以前の明治23年(1890)の第1回衆議院議員総選挙から明治31年(1898)の第6回衆議院議員総選挙までと、大正9年(1920)の第14回と大正13年(1924)の第15回衆議院議員総選挙で小選挙区制が導入された。また公職選挙法の制定以後は、平成6年(1994)の法律改正により、衆議院議員総選挙で小選挙区比例代表並立制が採用されている。英国・米国などでも採用。「小選挙区制」→大選挙区中選挙区