すかし‐ぼり【透かし彫(り)】 の意味

  1. 金属・木・石などをくりぬいて文様を表す技法。文様を透かして素地を残す方法(文様透かし)と、文様の周りの素地を透かす方法(地透かし)がある。木彫仏の光背欄間、刀剣の鐔 (つば) などに技巧を凝らしたものが多い。