出典:デジタル大辞泉(小学館)

横紋筋の収縮は、筋原線維ミオシンからなるA帯(暗帯)フィラメントの間に、アクチンからなるI帯(明帯)フィラメントがすべり込むことによって起こるとする学説。1954年にA=F=ハクスリーH=E=ハクスリーが別々に提唱。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉