たけ‐とんぼ【竹蜻蛉】例文一覧 1件

  1. ・・・が、あの玩具の竹蜻蛉のように、晃々と高く舞った。「大神楽!」 と喚いたのが第一番の半畳で。 一人口火を切ったから堪らない。練馬大根と言う、おかめと喚く。雲の内侍と呼ぶ、雨しょぼを踊れ、と怒鳴る。水の輪の拡がり、嵐の狂うごとく、聞・・・<泉鏡花「伯爵の釵」青空文庫>