出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「直 (ただ) 」と同語源》

[名]
  1. 取り立てて値打ちや意味がないこと。普通。「―の人」「―のからだではない」

  1. 何事もなく、そのままであること。無事。「見つかったら―では済まない」

  1. (只)代金のいらないこと。また、報酬のないこと。無料。「―でくれる」「―で働く」

[形動ナリ]
  1. ありきたり。また、ありのまま。

    1. 「―なる絹綾など取り具し給ふ」〈・宿木〉

  1. 何事もないさま。

    1. 「朝露のおくる思ひに比ぶれば―に帰らむ宵はまされり」〈和泉式部日記

[補説]3は「只」の字を「ロ」と「ハ」とに分け、俗に「ろは」という。