出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎌倉時代から室町時代にかけて、手掻包永 (てがいかねなが) を祖とする刀工たちの鍛えた刀。この一派が奈良東大寺の転害門 (てがいもん) の周辺に居住していたのでこの名がある。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉