出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 鉄族元素の一。地球上でアルミニウムに次いで多く、赤鉄鉱磁鉄鉱褐鉄鉱砂鉄などとして産出。純鉄は銀白色で光沢があり、延性・展性に富み、強磁性をもつ。空気中ではさびやすい。少量の炭素その他を含む鋳鉄鋼鉄にして利用。植物では微量養素の一で、クロロフィルの合成などに必要。動物ではヘモグロビンチトクロムミオグロビンなどの成分として重要。元素記号Fe 原子番号26。原子量55.85。くろがね。

  1. かたくて強いもののたとえ。「鉄の規律」

  1. 鉄道」の略。「地下鉄」

  1. 鉄道ファンをいう俗称。「乗り鉄」「撮り鉄