出典:デジタル大辞泉(小学館)

アイルランドの首都ダブリンの北40キロメートル、ボイン渓谷にある紀元前3000年頃に築かれた石室墓の一。直径90メートル、高さ15メートルの巨大な円形をしており、渦巻き模様が刻まれた外壁の石の一部が露出している。1年に1度、冬至の日に太陽の光が墓室の奥に射し込むよう設計されている。ニューグレンジノウスなどの大型の石室墓とともに、1993年に「ボイン渓谷の遺跡群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。ダウス。→ブルーナボーニャ