1. 太陽系中心にある恒星地球からの距離は約1.5億キロ。直接見える部分光球といい、外側には彩層コロナがある。光球半径地球の109倍、質量は33万倍、平均密度は1.4。表面温度はセ氏約6000度。恒星としては大きさも明るさもふつうの星で、エネルギーは中心における水素核融合反応によってまかなわれている。地球上の万物を育てる光と熱の源 (みなもと) となっている。

  1. 物事中心となるもの、人に希望を与えるもの、輝かしいものなどのたとえ。「心の—」

[補説]雑誌太陽」、人工衛星「たいよう」は別項

総合雑誌。明治28年(1895)創刊昭和3年(1928)廃刊。博文館発行。高山樗牛 (たかやまちょぎゅう) 大町桂月上田敏らの論説・文芸時評・人物評論・小説などを掲載

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年5月