出典:デジタル大辞泉(小学館)

遠く冥土 (めいど) から加護すること。

「草の陰にてもうれしと存じ候はば、遠き御守りでこそ候はんずれ」〈平家・七〉