出典:デジタル大辞泉(小学館)

《女の家の所在地を顕す意》平安時代、結婚の成立を披露する宴。男が女のもとに通い始めて数日後に、女の家で婿とその従者をもてなし、舅と婿が対面した。

「四五日ありてぞ御―ありける」〈栄花・ゆふしで〉