[名]
  1. 空間的な場所。人や物が存在する場所。

    1. ㋐住んでいる場所。住所。住居。「お―とお名前を教えてください」

    2. ㋑その地域。地方。「―の人に尋ねる」

    3. ㋒連体修飾語によって限定される場所。「県庁のある―」

  1. 抽象的な場所。場面。範囲。多く、連体修飾語によって限定される場所や部分をいう。

    1. ㋐ふさわしい地位や立場。「職場で―を得る」

    2. ㋑その人の所属している組織や集団。「知り合いの―に発注する」

    3. ㋒部分。箇所。点。「悪い―を直す」「粋な―のある人だ」

    4. ㋓場面。局面。「今の―おとなしい」「今日の―は許してやろう」

    5. ㋔ちょうどその所。場合。際。おり。「さっき着いた―だ」

    6. ㋕事柄。内容。こと。「思う―あって辞任する」「自分の信じる―を貫く」

    7. ㋖範囲。程度。「調べた―では、そんな事実はない」「歩いて30分といった―かな」

    8. ㋗(数量を表す語に格助詞「が」が付いた形を受けて)だいたいの程度を表す。「10分が―遅れた」「1万円が―借りている」

  1. (「どころ」の形で)

    1. ㋐名詞に付いて、それが名産となっている地域を表す。「米―」「茶―」

    2. ㋑動詞の連用形に付いて、その動作の行われる場所や部分、またその対象となる部分をいう。「うわさの出―」「つかみ―のない人」

    3. ㋒動詞の連用形に付いて、その動作をするのによい場所や部分、そうすべき場所や部分をいう。「ごみの捨て―」「見―のある新人」「心のより―」

    4. ㋓名詞や形容詞・形容動詞の語幹に付いて、それにあてはまる人々の意を表す。「中堅―が脇を固める」「きれい―を集める」

    1. ㋐《漢文の、受身を表す「所」の訓読から。「…ところとなる」の形で》前に置かれた語句が示す行為の対象であることを表す。「世人の称賛する―となった」

    2. ㋑《西洋語の関係代名詞の翻訳から、格助詞「の」を介して、体言またはそれに準じるものを修飾して》連体修飾語の役割をする。多く翻訳調の文章に用いられる。「世に知られている―の画家」「かつて訪れた―の屋敷」

  1. (「…したところ」の形で接続助詞的に用いて)上述した内容を条件として文を続ける。順接にも逆接にも用いる。「訪ねた―、不在だった」「依頼した―、断られた」

  1. 蔵人所 (くろうどどころ) 」「武者所 (むしゃどころ) 」などの略。

[接尾]助数詞。
  1. 場所や箇所などを数えるのに用いる。「傷口を三―も縫った」

  1. 貴人の人数を数えるのに用いる。

    1. 「女御子たちふた―この御腹におはしませど」〈・桐壺〉