• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 上方へ高くのぼるように重なっている台状のもの。また、その一つ一つ。段々。「石の段を上る」「段を踏み外す」

  1. 上下に区切ったものや順に重なったものの一つ一つ。「寝台車の上の段」

  1. 段組みで分けられた、文字をレイアウトする列の一つ一つ。日本の多くの新聞では、上下15段で1面が構成される。

    1. ㋐長く続く文章のひとくぎり。段落。「文を三つの段に分ける」

    2. 浄瑠璃など、語り物のひとくぎり。「『義経千本桜』の鮨屋の段」

    3. ㋒掛け算の九九 (くく) で被乗数を同じくするもの。「二の段を唱える」

    4. 五十音図で、行 (ぎょう) に対し、「あ」「い」「う」などの列。「た行う段」

  1. 武道や囲碁・将棋などで、技量によって与えられる等級。ふつう、初段から10段まである。「段を取る」

  1. ある事柄をそれとさす語。「無礼の段お許しください」

  1. 物事の一局面。そういう場合。「いよいよという段になって逃げだす」

  1. 否定や疑問の語を伴って、それどころではないという気持ちを表す語。そういう程度。それほどの程度。「痛かったのなんのという段じゃない」

[接尾]
  1. 助数詞。階段状、または層をなしたものを数える。「階段を2段ずつ駆け上がる」「3段組みのページ」

  1. 武道や囲碁・将棋などの技量の程度を表す。「柔道3段の腕前」

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉