• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

常世の国2から田道間守 (たじまもり) が持ち帰ったと伝えられるところから》橘 (たちばな) の古名。

「―この橘のいや照りにわご大君は今も見るごと」〈・四〇六三〉